こんにちは。
コロぴす@kabumameta0629です。

現在私は米国中心にディフェンシブな優良資産株を毎月50万程買付し、配当を再投資するという地味で退屈な投資スタイルを採用しています。

実家にいるまめ太です🐶🐾

IMG_wsfqyv


1.はじめに

10月の米国株買付の総括です。

今月も、自身が定めたルール通り粛々と優良資産株の買付を実施致しました。

具体的には、一回あたりの買付額約13万円で、回数としては計7回、合計約90万円分の買付です。

今月90万円と買付額が多いのは、単純に先月の手取り労働収入が多かったからです。労働収入から生活費と現金貯蓄分を除いた金額を全て買付に回しました。収入の6割くらいでしょうか。


2.今月の買付報告

具体的な新規買付又は買い増し銘柄としては以下の通り。
※なお、その都度買付時の注文完了画面をツイッターの方では公開しております。

・【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ×2回(約26万円分)
・【PFF】iシェアーズ米国優先株式×1回(約13万円分)
・【KHC】クラフトハインツ×1回(約13万円分)
・【XOM】エクソンモービル×1回(約13万円分)
・【IBM】インターナショナルビジネスマシーンズ×1回(約13万円分)
・【T】AT&T×1回(約13万円分)



米国株投資家にはどれもお馴染みの銘柄ばかりだと思います。良くも悪くも地味で退屈な銘柄ばかりですが、個人的には配当を再投資しながら長期で保有買い増しできる優良銘柄ばかりと思っています。
ただし、IBMは少し懸念もありますけどね。

もっとも、直近決算においても相変わらずキャッシュフローはしっかりしており、配当性向に鑑みてもまだまだ配当余力があるため、今後も配当金をしっかりとはきだしてくれる可能性が高いのではないでしょうか。

同社のCEOも増配継続宣言してますしね。

また、クラウド関連での復活により、株価の回復及び上昇にも少しだけ期待しております。

さて、今月の買付90万円に対し、税引き後利回りおよそ3.5%で計算すると、受領予定配当金は31500円増加する計算となります。たかが31500円、されど31500円です。

毎年この31500円という金額がまるで天からの恵みかの如く自動的に入金されるわけです。この自動入金をもたらすマシーン(資産株)の規模をどれだけ大きくできるか、そこに私は現在注力しております。

今後も、「配当」という果実をもたらす樹木たる資産株の買付を自身のルール通り粛々と実行して参ります。


3.今月の配当金受領報告

続いて、今月10月の受領配当金報告です。詳細は以下の通り。

・アルトリアグループ:11.5ドル
・フィリップモリス:14.53ドル

の計26.03ドル。日本円に換算しておよそ3000円といったところでしょうか。

決して大きな金額ではありませんが、こうして配当という形で労働収入以外の収入が自動的に得られるのは大変うれしいものです。
タバコ株まんせー


4.おわりに

来月11月は通常通り、一回あたり13万円で月4回の計50万程度の買付を予定しております。


最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは今日はこのへんで。
おしまい。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
とても励みになります。1日1回応援のポチをお願い致します☺