こんにちは。
ころぴす@kabumameta0629です。

現在私は米国中心にディフェンシブな優良資産株を毎月最低50万程買付し、配当を再投資するという地味で退屈な投資スタイルを採用しています。


1542694973565

1.はじめに

アメリカや中国の大学生と比し、日本の大学生は勉強しないとよく言われます。

真偽は不明ですが、アメリカや中国の大学生がほぼ一日中勉強しているのに対し、日本の大学生の平均学習時間は39分といったデータもあるようです。

また、会社員も仕事に忙殺されるあまり、プライベートで学習時間を確保するのは難しいと言われます。

このように、日本では継続的な学習習慣が大学生以降途切れてしまう傾向にあります。

かく言う私もこれまでの約30年間の人生において常に勉強熱心だったわけではありません。大学時代などひどいものです。

しかし、投資の世界では魑魅魍魎渦巻く相場の荒波に自身の大事なお金を放り込むわけです。どのような投資スタイルを採用するにせよ、お金を放り込むだけの裏付け・根拠が必要です。

とすれば、投資の世界に身を置く以上、継続的な学習が欠かせないことは言うまでもありません。

2.学習の必要性について

(1)マイルール作成

いかなる投資スタイルを採るにせよ、投資を継続していくには核となるマイルールが必要です。そして同ルールは書籍・雑誌等での座学及び実際の相場経験で形成されていくものと考えます。

例えば、私のマイルールは『米国中心に優良資産株を特段タイミングを図ることなく毎月最低50万円分定期買付する』というごくシンプルなものです。

私自身このルールを安易に定めたわけではなく、自身の置かれている環境・属性を踏まえた上で、書籍を中心に徹底して情報収集(学習)した結果の産物であります。

もっとも、実際の相場経験を受け、マイルールの細かい部分は随時微修正を加えております。

なお、ともすれば上記マイルールは思考停止と揶揄されますが、そこは投資は自己責任、他人にとやかく言われるものではございません。

(2)銘柄選択・ポートフォリオ構築

どのような銘柄をポートフォリオ(以下、「PF」という。)に組み込むのか、自身のPFをどのようなバランスとするのかにつき、単純に有名投資家のマネをするというのも一手かもしれません。

しかし、自身の腹に入っていない状態で安易に相場にお金を放り込めば、株価大幅下落時の狼狽売りに繋がります。

特に投資元本が増大すればするほど、日々の株価変動に伴う評価額の上下動も激しくなりますから、自分なりの根拠・裏付けがなければ自身のリスク許容度など簡単に崩れ落ちるでしょう。

また、銘柄選択の際は銘柄研究が必須となりますが、銘柄研究するにも最低限のファンダメンタルにかかる知識は不可欠であります。

(3)資産形成成功者はやはり成功している

個人的なハンドルネームを挙げることは伏せますが、所謂米国株有名ブロガーの方々等は人並み以上にインプットに励まれていることは明らかです。ブログ記事を拝読すれば一目瞭然ですね。

勉強すれば必ず資産形成に成功するとは言いませんが、成功者はやはり継続的な学習を実践されています。

これは投資の世界に限ったことではありませんが。
3.おわりに

では具体的にどうするかということです。

個人的には各分野で多くの方が名著と太鼓判を押す書籍は一通り目を通すべきであり、自身が内容に納得できる書籍は繰り返し熟読する必要があると考えます。

また、インプットだけでなくアウトプットも重要です。両者は脳の使い方が異なります。

この点、ブログなどはアウトプットする機会を簡易に得られるという点で有用でしょう。


色々と偉そうに書いてしまいましたが、当記事は私自身の戒めも込めて書いております。

投資の学習に関しても少しずつ前進し、今後もツイッターやブログ等で皆様と情報交換できればと考えています。

『座学を軽視してはいけない。』
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
とても励みになります。1日1回応援のポチをお願い致します☺