こんにちは。
ころぴす@kabumameta0629です。

現在私は米国中心にディフェンシブな優良資産株を毎月最低50万程買付し、配当を再投資するという地味で退屈な投資スタイルを採用しています。


1545033797769

昨年2018年6月から高配当株配当再投資戦略を採用し、既に8か月が経過しようとしています。

この8か月間、公言している通り、米国個別株中心に毎月最低50万円の資本投下を実施し、その株数を増やすことで受領予定配当金の最大化に注力しております。

同戦略を採用して以降、私ころぴすのお金の使い方にはかなりの変化が生じました。簡単に言えば、あったらあっただけ使う⇒⇒⇒支出にしっかりとメリハリをつける、という変化です。

『なんだよ、そんなことか(呆)』

皆様から失笑されそうなことですよね。そう、そんなことなんです。ただ、私にとっては資産形成のスタートラインに立てたという意味でとても大きな変化だと思っています。

親元を離れ、自分自身で生活設計を立てる必要が生じたのが大学1年の19歳の時。そこから10年以上もの間、私には支出を管理コントロールするという発想が欠落しておりました。

大学時代はろくに勉強することなくひたすらアルバイトに励んでいましたが、そのお給料は毎月ゼロになるまで使い切っていました。

学生の頃はそれでもいいかなという気もしますが、ツイッターやブログ等を見ていると、学生さんでも将来のことを考えた上で堅実に投資資金を貯めていたり、実際に投資を実践している方が数多くいらっしゃいます。

会社員となってからも浪費傾向は変わらず、基本的には給与・賞与ほぼ全額使い切っていました(※)

(※ある程度は持ち株制度及び財形貯蓄制度は利用)

しかし、上述したように、昨年6月から高配当株配当再投資戦略を採用して以来、私の浪費傾向はストップすることとなります。
〇〇社の株が欲しい、△△社の株が欲しい、そうした思いが必然的に支出のメリハリ付け、ひいては余剰投資金の捻出に繋がっています。

もっと言うならば、保有セクター数・保有銘柄数・保有株数を増やすことで少しでも受領予定配当金を最大化したい。

受領予定配当金を最大化することで本業以外の収入の柱を太くし、将来的な選択肢を増やしたい。

この将来的な選択肢を増やすという点は私にとって大変魅力的であり、仕事(収入の最大化)及び支出のメリハリ付けへの非常に強いモチベーションとなっています。


さて、毎月私が株式市場に投下している50万円。50万円は言うまでもなく大金です。

50万円もの余剰があれば、

毎月ブランド品を買えるでしょう。高級タワマンにも住めるでしょう。2年貯蓄すれば現金一括で高級外車だって買えるでしょう。

かつての私であれば、そうしたお金の使い方をしていたかもしれません。

しかし、今のころぴすは違います。ころぴすは生まれ変わったのです(キリッ( ̄ー ̄)ニヤリッ)

あ!でも、愛息子ポメラニアンのころ太への出費は今後も惜しみませんぞ ((゚∇゚ ;)エッ!?Σ('◇'*)エェッ!?(゚ロ゚;)エェッ!?)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
とても励みになります。1日1回応援のポチをお願い致します☺